ローンの支払いを楽に|海外旅行も安心のトラベルプリペイドカード|後払いが基本です

海外旅行も安心のトラベルプリペイドカード|後払いが基本です

お金

ローンの支払いを楽に

財布と電卓

負担が減る条件とは

住宅ローンの支払いに負担を感じている方は、借り換えを検討するのも選択肢の1つです。ですが、借り換えをしたからといって、必ずしも支払いの負担が減るというわけではありません。条件によって借り換えを行うことで、住宅ローンの負担が増えてしまう可能性もあります。そのため現在の住宅ローンの状況を見極めて、借り換えを検討することが大切です。住宅ローンの借り換えのポイントとして、10年・1000万・1%という3つのキーワードが挙げられます。これは住宅ローンの支払いがあと10年以上残っていて、残高も1000万円以上、現在のローン金利差が1%かということです。このようなケースに当てはまる方であれば、借り換えを行うことで住宅ローンの負担が減る可能性があります。

条件を比較して選ぶこと

実際に住宅ローンの借り換えを検討する場合、どこの業者に借り換えるかが大きなポイントとなります。例えば金融機関を選ぶときのポイントの1つに、保証料の問題が挙げられます。保証料を毎年支払うことになると、表向きには負担が軽減できそうだとしても、実際には損をしてしまうこともあります。また金融機関選びでは、借り換え以外の利便性に注目するのも大切です。特に今使っている金融機関以外に新たに口座開設する場合には、ATMの近さや手数料などのポイントに注目しましょう。コンビニのATMに対応している金融機関もあるので、条件次第でお得に普段使いの金融機関とすることができます。総合的に判断することで、ローン返済後も付き合いのある金融機関を選べます。